/

この記事は会員限定です

高橋悌一さん ものづくり職人復権へ

革小物メーカーに研修生制度

[有料会員限定]

ものづくりを担う職人の復権を目指し、革小物メーカー内に研修生制度を作った。契約社員として自社工場で3年ほど修業してから独立し、革小物の縫製を請け負ってもらう。定年がなく自宅で働け、好きなものづくりができると希望者は多い。30~60代の6人が職人として巣立った。

革小物メーカーの高屋(東京・台東)の3代目として職人の減少に心を痛めてきた。30~40年前まで皮革製品の職人は高収入の仕事だった。その後海...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り459文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン