/

この記事は会員限定です

福島の病院でサイバー被害 県立医大付属、公表せず

17年発生 身代金ウイルス、医療機器停止

[有料会員限定]

福島県立医科大付属病院(福島市)で2017年夏、パソコンや医療機器がランサムウエア(身代金要求型ウイルス)に感染してロックされ、使用不能になっていたことが2日、関係者への取材でわかった。同病院は当時、被害発生を公表せず、厚生労働省にも報告していなかった。

福島医大病院は2日、当時世界的に流行していたウイルス「ワナクライ」の亜種に感染して被害が出ていたことを発表。感染による不具合でレントゲンなどの再...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り838文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン