/

この記事は会員限定です

車の素材も脱炭素急ぐ

鉄鋼、水素使う製法模索

[有料会員限定]

自動車会社などがサプライチェーン全体での環境対応を強めている。なかでも対応を迫られそうなのが、二酸化炭素(CO2)が多い鉄鋼など素材業界だ。自動車や建造物といった最終製品の環境負荷の低減が進むなか、素材各社も製造時のCO2削減に向けた対策を急ぐ必要がある。

特にCO2排出量が多いのが鉄鋼業界だ。生産時に石炭を使うためで、国際エネルギー機関(IEA)によると世界の産業界の3割弱を占める。

欧州では1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り371文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン