/

この記事は会員限定です

大阪・うめきたQ&A(上) 1期「グランフロント」

2013年開業、累計で延べ3.8億人来場

[有料会員限定]

うめきた開発の経緯や具体的な計画、目指す街の姿をおさらいする。

Q うめきた開発はいつから始まったの?

A 1980年代、旧国鉄の分割・民営化に伴い資産見直しが決まり、梅田貨物駅を中心とする約24ヘクタールの土地を有効活用する機運が高まった。国際コンペなどを経て大阪市が2004年、基本計画をまとめた。従来は「梅田北ヤード」と呼ばれていたが11年に地区名称を公募により「うめきた」に決めた。当時から、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り580文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン