/

この記事は会員限定です

AI新興が研修事業 福岡のチームアイボッドなど参入

コロナで企業の投資減 新たな収益源に期待

[有料会員限定]

福岡市に本社を置く人工知能(AI)関連のスタートアップが、AIの研修事業に相次いで参入している。基礎やエンジニア対象の高度なレベルを教えるほか、実際のプロジェクトを講師が指導しながら構築するなど様々だ。新型コロナウイルスの感染拡大で業績が悪化した大企業を中心にAI関連を含む設備投資を減らす中、中小企業向けを含め研修事業を新たな収益源にする。

AIについては、製造ラインに導入して異常検知の精度を高め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1280文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン