/

この記事は会員限定です

75歳以上医療費「2割負担」先送り論強まる

官房長官「施行時期も検討」

[有料会員限定]

75歳以上の医療費の窓口負担割合引き上げを巡り、与党で「年内決定、2022年度までに施行」という政府が描く日程の先送り論が強まってきた。公明党の山口那津男代表は決定を見送るよう唱えた。自民党は施行時期を柔軟に定めるよう訴える党見解をまとめた。

政府は高齢化で膨張する社会保障費を抑制するため、22年度までに2割負担とする区分の新設を検討する。原則1割負担から2割に上げる対象範囲について、厚生労働省は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り815文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン