/

この記事は会員限定です

日通、先端タグで需要予測

荷物の位置・数を無線で把握、先回りでトラック手配

[有料会員限定]

日本通運が、顧客企業の需要予測までする次世代の物流サービスの構築に動き始めた。商品情報を近距離の無線通信でやりとりする無線自動識別(RFID)技術などを使い店頭の売れ行きデータを把握し、アパレルなどの企業に柔軟な発注や製品開発に役立ててもらう。日通自らの配車も効率化し、顧客獲得につなげる狙いだ。

日通が今夏から、海外ファッションブランドを対象にRFIDのタグとスキャナーを提供するサービスを始めた。何がいつ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1346文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン