/

この記事は会員限定です

友は財なり 冨樫博之

[有料会員限定]

秋田市郊外の太平山の麓で生まれた。小学6年生で父親が突然くも膜下出血で亡くなった。母は寝たきりの祖父母の介護をしながら田畑を耕し、夜は保険のセールスをした。昼間に仕事を手伝うため夜間の定時制高校へ行くことにした。

秋田工業高校機械科で担任の熊谷弘先生に4年間お世話になった。当時30歳ぐらいだった先生は情熱的な人で、スポーツ大会では「勝利を目指せ!」と鼓舞し、優勝すると自分のことのように一緒に喜んで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り334文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン