/

この記事は会員限定です

首都圏自治体 デジタル化に挑む(上) さらば 対面・紙頼み

携帯端末を駆使 職員働きやすく

[有料会員限定]

首都圏の自治体が行政のデジタル化に本腰を入れ始めた。新型コロナウイルスで対面・紙に頼るシステムは転換を迫られている。人口減少社会が到来するなか、住民の暮らしやすさと職員の働きやすさの改善は不可欠だ。長年の課題が前進するか、本気度が問われる。

「区の庁内業務向けと住民サービス向けの各システムを新しい生活様式に対応させる。2021年度に改修に着手したい」。東京都千代田区のシステム刷新プロジェクトの担当...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1104文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン