/

この記事は会員限定です

陸上女子やり投げ 北口榛花(上)

日本新を連発「世界一めざす」/チェコへ単身修業 一気に飛躍

[有料会員限定]

「いきまーす」。大きな掛け声で自らにスイッチを入れ、より遠くをめがけてやりを投じる。試合中は笑顔を絶やさず、好記録には跳びはねて喜ぶ。天真爛漫(らんまん)。日本の女子やり投げ界をけん引する北口榛花(22、JAL)には、そんな表現がよく似合う。

飛躍の時を迎えたのは2019年のこと。5月の木南記念で64メートル36の日本記録を打ち立て、日本選手権で初優勝を飾った。ドーハ世界選手権では6センチ及ばず決...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り854文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン