/

この記事は会員限定です

春秋

[有料会員限定]

年ごろの娘を持つ父親は悩みが尽きない。小津安二郎監督はこのテーマを繰り返し映像化したが、初のカラー作品である「彼岸花」は現代にもよく通じる物語だろう。佐分利信が演じる父親は、友人の娘の駆け落ちにさえ理解を示すのに、わが家ではひどく頑固なのだ。

▼勝手に結婚相手を決めてしまう娘に、この親(おや)父(じ)は激怒する。「会社なんか休め。家で反省してろ」。そのくせ、よその娘にはへんに気を使うのだから困ったも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り379文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン