/

この記事は会員限定です

ソニーの再生エネ技術、社外に無償公開

普及を後押し

[有料会員限定]

ソニーは再生可能エネルギーを地域で融通する地産地消型の小規模電力網(マイクログリッド)向けにシステムの制御技術を無償で提供する方針を固めた。ソニーは2017年に村田製作所に電池事業を売却し、社内に電力関連技術を囲い込んでも活用は限られることから中核技術の無償公開に踏み切る。

傘下のソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)が1日に、再エネを融通するソフトウエアの技術をプログラム共有サイト「ギットハブ」でオ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り461文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン