/

この記事は会員限定です

<FT特約>UAE、飲酒を処罰対象外に

外国人材誘致へ社会改革

[有料会員限定]

ペルシャ湾岸の観光と商業の拠点、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ。アルコール付きのブランチや高級レストラン、いわくありげなナイトクラブは長年、保守的な湾岸地域に移住した外国人や避寒目的の観光客を引きつける魅力の一つとなってきた。だが、許可証なしでの飲酒には罰金や禁錮刑が科されることが多かった。

ところが今、人口の9割を占める外国人が暮らしやすいように、社会・司法改革が進んでいる。その一環として飲...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り599文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン