/

この記事は会員限定です

経営の王道・原点に立ち戻る

[有料会員限定]

日米の株価動向を長期的にみると大きな差異が生じている。この10年間で、デジタル系企業にけん引された米S&P500種株価指数が3倍強上がったのに対して、東証株価指数(TOPIX)の上昇は約2倍にとどまり、出遅れは否めない。日本は国を挙げてデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進することが喫緊の課題である。

ただしGAFAMと呼ばれる米大手企業を除くと違う景色が見えてくる。これらを米指数から外し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り729文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン