/

この記事は会員限定です

タカラバイオ社長 仲尾功一氏(下)

出向 上から目線で失敗

[有料会員限定]
  ■実績を買われ、新会社の社長として出向。

中国・大連工場を立ち上げた後、試薬の開発に関わりました。課長だった1997年に売り出したのが、細胞に遺伝子を導入する効率を高める「レトロネクチン」という試薬です。米インディアナ大学と開発し、現在では年間10億円を売り上げる人気商品です。

こうした実績を買われ、2000年に新会社を任されました。宝酒造(現・宝ホールディングス)が51%、日本光電が40%を出資して立ち上げた「宝光...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り975文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン