/

この記事は会員限定です

福川伸次(1) 日本の盛衰

成長戦略で世界に後れ 「着眼大局、着手小局」国家の要諦

[有料会員限定]

昭和、平成、そして令和。日本は敗戦の廃虚から立ち上がり、海外から「20世紀の奇跡」といわれた経済成長をなし遂げた。私はその過程を通商産業省(現経済産業省)の一員として見守った。

世界トップの座も視野に入るかに思えた1980年代後半に、その後の長期停滞を予想した人はまずいなかったに違いない。激動の時代をいま振り返ると、いくつかの出来事が頭をよぎる。

85年3月、米上院が日米貿易に関する対日批判決議を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1109文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン