/

この記事は会員限定です

DX・巣ごもり需要で躍進

営業増益額が大きい企業、デジタル化支援など上位

[有料会員限定]

本業のもうけを示す営業利益を大きく伸ばした中堅企業はどこか。日本経済新聞が売上高100億円以下の上場企業「NEXT1000」を対象に4~9月期決算の営業増益額をランキングした。上位には「デジタルトランスフォーメーション(DX)」関連や「巣ごもり需要」の恩恵を受けた企業が並んだ。(関連記事NEXT1000面に)

3月期決算で、2020年4~9月期と前年同期の営業損益が黒字だった企業を対象に調べた。新...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り467文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン