/

この記事は会員限定です

電子契約、「立会人」介し手軽

[有料会員限定]

対外的な契約書を電子化する方式は大きく2つある。まずは「当事者型」だ。「電子認証局」と呼ばれる民間の第三者が、契約を結ぶA社とB社の担当者に対して本人確認した上で電子証明書を発行する。信頼が高いとされるが証明書の発行に手間がかかり、普及が進んでこなかった。

もう一つは、電子契約サービス事業者が両社の立会人となる「立会人型」だ。メールアドレスを活用した簡潔な手続きで済むため手軽に導入できる。グローバ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り212文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン