/

この記事は会員限定です

コロナ下、揺らぐ雇用保険 雇調金支払いで財源急減

22年度保険料、労使負担1兆円増も

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍が雇用保険制度の財政に影を落としている。雇用維持を支える雇用調整助成金の財源が底をつき、本来は失業保険の給付などのために集めたお金を融通する状況が続く。この結果、労使が折半してきた雇用保険料の積立金は急速に減っている。資金不足を補う手を打たなければ労使の負担は2022年度に単純計算で年1兆円規模で増える。

雇調金はコロナ危機への対応で重要な役割を果たしてきた。そのベースにある雇...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1170文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン