/

この記事は会員限定です

スキー場閉鎖、割れる欧州

独伊「コロナ警戒、全域で」 主力産業のオーストリア反発

[有料会員限定]

【ウィーン=細川倫太郎】冬休みの到来を前に、欧州各国がスキー場の営業の是非を巡って対立している。新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めるため、イタリアやドイツは域内全域で閉めるべきだと主張するのに対し、オーストリアは過剰だと反発している。書き入れ時に閉鎖となればスキー場の経営への甚大な打撃は避けられず、運営事業者は気をもんでいる。

「雪の上での休暇は容認できない」。イタリアのコンテ首相は、冬休みは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1084文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン