/

この記事は会員限定です

米、コロナ入院9万人超

感謝祭休暇 当局、感染爆発を警戒

[有料会員限定]

【ニューヨーク=大島有美子】米国で新型コロナウイルス感染による入院患者数が26日、9万人を超えた。米国のコロナ感染状況を分析する「COVIDトラッキング・プロジェクト」がまとめた。26日から感謝祭(サンクスギビング)の休暇に入ったことで、当局は感染爆発への警戒を強めている。

26日時点の入院患者数は最多の9万480人となった。重症化する患者も増え、集中治療室(ICU)に入っている患者数も過去最多の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り381文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン