/

この記事は会員限定です

伏兵・高田、堂々クライミング2冠

特別大会 リード、ただ一人完登

[有料会員限定]

スポーツクライミングの国内トップ選手が集まって10~11月に愛媛県西条市で行われた特別大会で、男子の高田知尭(鳥取県協会)がボルダリングとリードの両方を制した。東京五輪代表の楢崎智亜(TEAM au)ら強豪を抑えて堂々の2冠。25歳の伏兵は「本当にうれしく思う」とはにかんだ。

鳥取県出身。2018年世界選手権のリードで6位に入り、ボルダリングも過去にワールドカップ(W杯)決勝を戦った実績を持つ。そ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り396文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン