/

この記事は会員限定です

楽天、わかりにくさ「改善に努力」 通販規約巡り

[有料会員限定]

楽天の電子商取引(EC)事業担当の野原彰人執行役員は27日、2021年春に施行予定の「デジタルプラットフォーム取引透明化法」への対応について、「店舗の自由度と、ユーザーの保護・利便性の両立を図る」と述べた。大手ECの規約は出店者から分かりにくいとの指摘もあり、「さらなる改善に努力する」(楽天)という。

楽天は同日、説明会を開いた。取引透明化法はネット通販を運営する大手企業などに取引条件の情報開示、変更...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り305文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン