/

この記事は会員限定です

新興企業への不当要求「独禁法違反の恐れ」

公取委

[有料会員限定]

公正取引委員会は27日、大企業やベンチャーキャピタル(VC)がスタートアップ企業に知財の無償提供など不当な要求をすれば独占禁止法違反にあたる恐れがあるとの報告書をまとめた。技術革新の芽をつまないよう、新興企業と大手が対等に競争したり協力したりできる環境を整える。

公取委は2019年11月からスタートアップ1400社超や出資者などを調査してきた。20年6月に公表した中間報告では、新興企業が大企業と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り264文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン