/

この記事は会員限定です

冬の華、SDGsで灯す

微生物で発電、廃材から装飾 にぎわいも脱炭素も

[有料会員限定]

年末の街を彩るイルミネーションに環境配慮の取り組みが広がっている。今年は新型コロナウイルス禍で中止・縮小されたイベントが3年ぶりに通常に戻る例も多い。一方、政府の節電要請も始まり、電力消費への目線は厳しい。微生物による発電で光るライトや廃材を活用した装飾などで、地域のにぎわいと脱炭素の両立を街ゆく人にアピールする。

消費電力3分の2に

札幌市中心部の大通公園で11月22日から開催している「ミュンヘ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1554文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません