/

この記事は会員限定です

次期トップが描く東大 世界の課題解決に貢献

藤井輝夫・東京大次期学長に聞く

[有料会員限定]

東京大の学長に来年4月1日付で藤井輝夫理事・副学長が就く。新型コロナウイルスの感染拡大など課題が山積するなか、教育や研究をどう進め、世界をリードするのか聞いた。

――大学に求められているものとは。

「人材育成が一番大事だが、現状を踏まえて考えると、グローバルな課題にタイムリーに反応することだろう。グローバルな市民の視点から『こういうことが重要ではないか』というメッセージをきちんと出していけるかが問...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2204文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン