/

この記事は会員限定です

柏崎市・刈羽村で現職首長当選 再稼働の経済効果に期待

[有料会員限定]

東京電力ホールディングス柏崎刈羽原子力発電所が立地する新潟県柏崎市と刈羽村で15日、任期満了に伴う市長・村長選の投開票があり、ともに再稼働を容認する現職が当選した。住民の中には安全性への懸念から再稼働に反対する声もあるが、原発の経済効果への期待が大勢を占めた。

「事故を起こしてもなお原発に頼らざるを得ない状況は、なんとも皮肉なものだと思う」。再選翌日の16日、柏崎市の桜井雅浩市長は原発に対する思いをこう語った。安全性の観...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1154文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン