/

この記事は会員限定です

インド、労働法改正の波紋

解雇規制緩和に労働者ら反発

[有料会員限定]

インドで、新たな労働法制が国を二分する大論争を巻き起こしている。労働者に対する解雇規制が緩和されたほか、新ルールの導入により労働組合がストライキを容易に起こしにくくなったからだ。労働者に手厚いインドでは労働争議が頻発し、労務リスクは企業には悩みの種になっていただけに、産業界からは長年待ち望んでいた規制改革と歓迎する声があがる。だが、労組幹部らは「労働者の権利や保護を揺るがす」と強く反発している。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1838文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン