/

この記事は会員限定です

トランプ氏、居座り否定

14日選挙人投票 敗北なら退任

[有料会員限定]

【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領は26日、大統領選で民主党のバイデン前副大統領の勝利が確定すれば、ホワイトハウスに居座らず退任する意向を初めて示した。激戦州で勝敗を認定する手続きは来週に続々と期限を迎える。それを踏まえて各州は12月8日までに「選挙人」を決める運びで、同14日の投票が結果確定への節目となる。

トランプ氏は26日の感謝祭に実施した米軍関係者との電話協議後、記者団の質問に応じた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1486文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン