/

この記事は会員限定です

ベトナム語通訳、行政など不足 在留者急増でも育成遅れ

コロナで相談増、対応懸念

[有料会員限定]

行政窓口などでベトナム語通訳の不足が深刻化している。政府による外国人受け入れ拡大で在留者が急増しているのに、通訳の育成が追いついていない。技能実習生などは日本語が不自由なため通訳が必要なケースも多く、専門家は「質の高い通訳を育てる仕組みづくりが必要だ」と指摘する。

「1日8時間の勤務中、ずっと電話していることもある」。大阪市の外郭団体、大阪国際交流センター(大阪市)に勤務するベトナム人女性、ファン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1103文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン