/

この記事は会員限定です

コロナ禍の報道を討議 新聞大会

[有料会員限定]

日本新聞協会の第73回新聞大会が26日、新聞、通信、放送各社の代表者らが参加して神戸市で開かれた。同協会会長の山口寿一読売新聞グループ本社社長のあいさつの後、大会決議を採択した。その後の研究座談会では「コロナ禍と新聞編集、新聞経営上の課題」をテーマに加盟社の代表者が意見を交わした。

座談会では、新型コロナウイルスの感染拡大下での報道のあり方について、パネリストの各社社長から「日々の感染者数などの数...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り235文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン