/

この記事は会員限定です

キリン、健康事業を柱に 低収益の豪飲料売却

構造改革メド、規模求めず

[有料会員限定]

キリンホールディングス(HD)が事業の構造改革にめどをつけた。26日、低収益事業のひとつだったオーストラリアの飲料事業を現地企業に5億6千万豪ドル(約409億円)で売却することを決めた。今後は健康志向の高まりを背景に、乳酸菌などの健康事業を収益の柱に育てる。

譲渡を決めた豪飲料事業は子会社のライオン飲料が統括する。中国の蒙牛乳業への売却計画が、豪当局の反対で破談になったのは8月だ。キリンHD内には売却作業を中断する考え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1042文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン