/

この記事は会員限定です

民間委託、成功報酬で 国の再犯防止事業に導入

社会課題の解決早める

[有料会員限定]

政府は国の事業を民間に委託する新たな仕組みを取り入れる。政府が示した目標を達成すれば成功報酬として委託料を上積みするもので、民間の資金と創意工夫を引き出して行政サービスの質の向上につなげる。第1弾として2021年度から法務省の再犯防止事業で導入し、医療や健康増進など幅広い分野の事業に広げる考えだ。

導入するのは「ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)」と呼ばれる仕組み。行政サービスを受託した民間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り870文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン