/

この記事は会員限定です

出産育児一時金50万円に

自民提言、全国平均で「実質ゼロ」へ

[有料会員限定]

自民党の「出産費用等の負担軽減を進める議員連盟」は27日、政府に出産育児一時金の増額を求める提言をまとめる。出産費用の全国平均である50万円程度に引き上げるよう要望する。

一時金は健康保険の加入者が出産した際に子供1人あたり42万円を受け取る制度だ。少子化対策の一環で出産に関する財政支援の拡充が必要との判断がある。

同議連は10月に発足し野田聖子幹事長代行と岸田文雄前政調会長が共同代表を務める。提...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り455文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン