/

この記事は会員限定です

mRNAワクチン 新型コロナに有効性

遺伝情報巧みに活用 開発素早く

[有料会員限定]

米製薬企業は開発する新型コロナウイルスのワクチンが高い有効性を示したと相次いで発表した。いずれも「メッセンジャー(m)RNAワクチン」と呼ばれる新しいタイプだ。効果が認められれば、mRNAを使った医薬品として初めての実用化となる。効果や安全性は未知数だが、長年期待されてきた「大型新人」の登場といえそうだ。

新型コロナワクチンで高い有効性を確認したと公表したのは、米製薬大手ファイザーと同製薬新興のモ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1638文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン