/

この記事は会員限定です

若手がシニアの先生役に

リバースメンタリング、技術を指南 組織の壁破る新しい関係

[有料会員限定]

若手がシニアの先生役になる「リバースメンタリング」と呼ばれる制度が広がっている。最新のIT(情報技術)の知識や利用法を若手が指南するケースが多いが、導入企業では組織の壁を破ることに役立っているという報告もある。上下関係に依存しない、新しい関係をつくる試みが始まっている。

「若い人はこう考えるんじゃない?」「それは(考え方が)遅れています」

今年2月、イノベーション促進の異業種交流組織「フューチャー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1387文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン