/

この記事は会員限定です

小宮山宏(26)信託基金

新しい財源 かなわず終了 リーマン・ショックで危機に

[有料会員限定]

ハーバード大、スタンフォード大といった米国の私立大学では、卒業生らから寄付として集めた巨額資金を、投資のプロに委ねて運用益を得る「エンダウメント」が盛んだ。エンダウメントは寄付や寄贈といった意味である。

集めるのはファンドレイザーと呼ばれる専門家たちで、ハーバード大では700人を超える。ハーバード大のエンダウメントは約4兆円。年間4%使うと決めており、その額は1600億円。東大の運営費交付金の2倍...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1161文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン