/

この記事は会員限定です

鉄より軽く強度は5倍 次世代素材、価格2割

東亜合成、車部品など

[有料会員限定]

化学中堅の東亜合成は植物由来の次世代素材「セルロースナノファイバー(CNF)」の価格を従来の2割に抑える技術を開発した。CNFを樹脂に混ぜると鉄並みに強度が高まるため、自動車部品などを軽くできる。環境規制の強化で自動車の軽量化が急務となるなか、普及への課題だったコストを下げて実用化を急ぐ。

CNFは樹木の繊維を薬品などでナノ(ナノは10億分の1)単位まで細かくほぐした素材。同じ体積の鉄と比べて重さは5分の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り327文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン