/

この記事は会員限定です

鳥取・境港のベニズワイガニ

濃厚なミソ 気軽に

[有料会員限定]

日本海沿岸の冬の名物はズワイガニだが、鳥取県境港市でより身近な存在は地元で「ベニガニ」と呼ばれるベニズワイガニだ。農林水産省の海面漁業生産統計調査によると、鳥取県は2018年の水揚げ量が日本一。ズワイガニの漁期が11月~翌年3月までに対し、ベニズワイガニは7~8月を除いて漁ができる。同市を訪れれば、ほぼいつでも食べられる。

手ごろな価格が魅力の一つ。19年の1キログラム当たりの価格はズワイガニの約...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り797文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン