/

この記事は会員限定です

コロナ下 全米大移動 空港利用1日100万人

感謝祭休暇始まり感染懸念

[有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則】全米が感謝祭(サンクスギビング)の休暇に入るなか、新型コロナウイルスの感染爆発に警戒が広がっている。帰省客の増加で空港利用者は1日あたり90万~100万人に達し、3月以来の多さとなった。保健当局や医療専門家らは、旅行や親族の集まりを控えるよう呼びかけたが、限界が浮き彫りになった。(1面参照

親族や友人が一堂に集まる26日の感謝祭は、米国人にとって最も大事な行事の一つだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り677文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン