/

この記事は会員限定です

経済配慮 小刻み対策

都、再び時短営業要請へ 年末前に「第3波」抑制

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京都は25日、酒類を提供する飲食店やカラオケ店に28日から20日間にわたって午後10時までの時短営業を再要請すると発表した。年末を控え、「第3波」の抑制を図る。こうした小刻みに対策と緩和を繰り返して経済活動の維持を目指すのは、世界的な流れでもある。(1面参照

「医療崩壊を何としても避けなければならない。一層強い取り組みが必要だ」。都の小池百合子知事は25日の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1571文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン