/

この記事は会員限定です

電脳マンション、長谷工の柱に

気象・暮らしのデータ収集 修繕・新築設計に活用

[有料会員限定]

マンション建設最大手の長谷工コーポレーションは、建物が各種センサーで情報を集める「電脳マンション」を開発した。気象や室内環境のデータから補修時期を判断し、住民の生活パターンから必要な設備を提案する。マンションを建てて終わるのではなく、データ蓄積拠点として生かすビジネスモデルに転換する。

東京都板橋区にある学生マンション「フィール アイ レジデンス」。入居者が共同玄関に近づくと顔認証カメラが判定し、ドアが開く。壁の大型モ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1422文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン