/

この記事は会員限定です

LINE、日本語の汎用AI開発へ

「人間並み自然に」

[有料会員限定]

LINEは25日、親会社の韓国ネイバーと共同で、人間並みに高度で自然な日本語表現が可能な汎用的な人工知能(AI)の開発を始めると発表した。文章や会話など日本語で計100億ページ分以上のデータを学習させ、2021年上半期の完成を目指す。コミュニケーションの一段の自動化を促し、省人化の推進につながりそうだ。

汎用的なAIは人間が表現する文章や会話のデータそのものを分析する。否定や肯定、関連情報の提示にとどまら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り225文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン