/

この記事は会員限定です

茨城、自動運転バス加速

境町、公道で自治体初 きょうから定常運行

[有料会員限定]

茨城県で自動運転バスの導入に向けた取り組みが相次いでいる。境町は26日に国内の自治体で初となる自動運転バスの定常運行を、日立市は30日に実証実験を始動する。同県は可住地面積が全国4位と広く、1世帯当たりの自家用車台数も6位と多い。高齢化社会を迎えるなか、住民の交通手段の確保を加速させる。(浅沼直樹、竹蓋幸広)

境町は26日、ソフトバンク子会社のBOLDLY(旧SBドライブ、東京・千代田)と半導体商社マクニカ(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り740文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン