/

この記事は会員限定です

〈アンカー〉高齢患者が増加 医療の危機迫る

[有料会員限定]

第3波は感染者に高齢者の割合が多いのが特徴だ。医療現場の病床の使用率は全国の7つの都道府県で30%を超えた。数字以上に医療体制は危機的状況にあると聞く。

感染症対策と社会経済活動の両立は難しい。第1波の際は4月に緊急事態宣言を発令し、経済活動よりも感染抑止に重きをおいた。その結果、4~6月期の成長率は戦後最大の落ち込みとなった。第1波のように経済活動を止めるこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り179文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン