/

この記事は会員限定です

スズキ、新型ソリオ12月発売 登録車「10万台死守」託す

室内・荷室、さらに広く

[有料会員限定]

スズキは小型車「ソリオ」を全面改良して12月4日発売する。同車はスズキが「コンパクトハイトワゴン」と呼ぶ、背が高い小型車市場を切り開いた先駆的車種。同社で最も売れる小型車だ。コロナ禍で国内市場の環境は厳しいが、登録車販売で目安に掲げてきた年10万台以上のキープにつなげたい構えだ。

「新型ソリオで挽回して2020年度も登録車販売で年10万台以上をめざしたい」。スズキの鈴木俊宏社長は25日に開いたオンライン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り857文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン