/

この記事は会員限定です

森保J、対応力に課題

最終戦終え、今年を総括

[有料会員限定]

サッカー日本代表の森保一監督が24日、オンラインの取材に応じ、0-2で敗れたメキシコとの年内最終戦(17日)を振り返り「痛い思いをしたが、乗り越えるべきことが分かった」と語った。

相手が布陣を変えた後半に劣勢となったが、消耗した鈴木武(ベールスホット)や脚の違和感を訴えた柴崎(レ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り141文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン