/

この記事は会員限定です

快走ZOZOの死角

資産効率が3年連続悪化 膨らむ総資産、投資控えめ

[有料会員限定]

衣料品の通販サイト「ゾゾタウン」を手がけるZOZOが快走している。2020年4~9月期の連結純利益は巣ごもり需要の追い風で前年同期比76%増の139億円と、同期間として過去最高だった。ただ財務面をみると、資産効率の低下という課題が横たわる。

「ファッション需要減退のネガティブ影響を、デジタルシフトのプラス影響が上回った」。ZOZOの沢田宏太郎社長はこう語る。通販サイトを通じて売れた金額を示す商品取扱高が4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り689文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン