/

この記事は会員限定です

中国公船、4割が太平洋に

信号途絶 隠密工作疑い

[有料会員限定]

海洋は人類全体で共有し、守っていくべき「国際公共財(グローバルコモンズ)」の一つだ。実際は海中に眠る貴重なデータ資源を巡って、新たな綱引きも始まっている。日本経済新聞が中国公船の動きを分析すると、国際ルールに反する形で太平洋進出を強める例が複数見つかった。(1面参照

利用したのは世界中の船舶情報を提供するサイト「マリントラフィック」だ。船が位置や針路などを発信する船舶自動識別システム(AIS)の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1037文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン