(START up X) 事業承継、データで仲立ち - 日本経済新聞
/

(START up X) 事業承継、データで仲立ち

書類自動化で短期成約 3面に続く

[有料会員限定]

中小企業に特化してM&A(合併・買収)を仲立ちするスタートアップが増えてきた。経営者の高齢化や後継者難から、2025年までに中小企業62万社が廃業の危機を迎える。資料の作成から候補先の企業探し、顧客との対話にデジタル技術を活用して、人材や資金が乏しい中小でも事業承継ができるようにする。日本の産業が抱える課題の解決に取り組むスタートアップが成長してきた。

専門家が報告書

「M&Aは難しいだろうな」。

この記事は産業新聞ビューアーご購読者限定です。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません